犬のおすわりのしつけ

「おすわり」を犬にしつけする重要性

犬におすわりをしつけることは重要です。何かしてほしくない行動を静止する時、「おすわり」を指示することで静止できます。更に、おすわりをさせることで興奮しすぎる事を防いだりと、「おすわり」をしつけする事は犬のハンドリングで重要な位置づけです。
 
また、「おすわり」にはカーミングシグナル(不要な争いを避けるために、自分の立場や感情を知らせる、身体を使った表現)の役割もあります。散歩中に出会った犬が興奮している時、愛犬を「おすわり」させることで、双方の犬を落ち着かせることができる場合があります。

「おすわり」のしつけでの愛犬の目標を決める

「おすわり」をしつけするにあたっての、犬の目標(ゴール)を決めましょう。
 

「おすわり」の指示で犬が腰を落とし、地面にお尻をつける。じっとしている。

 
これが、理想であり目標ですね。逆に、してほしくない行動はどのようなものでしょう。
 

「おすわり」の指示を出しても、犬が落ち着かない。腰を落とさない。

 
このようなものでしょうか。犬がどのような行動をとった時に「ご褒美」をあげるのか、きちんと整理しておきましょう。
 


家族内で指示語を統一しておきましょう(「おすわり」「シットダウン」「すわれ」などなど)

 「犬のしつけをする時の条件」でお話ししたとおり、「おすわり」をしつけする際の指示語を家族内で統一しましょう。
 
ある人は「おすわり」と指示をだし、またある人は「シットダウン」「すわれ」等のいろいろな言葉で指示を出してしまうと、愛犬は混乱します。最終的に、どの指示語でも「おすわり」ができないという結果になってしまうかもしれません。
 
事前に、家族内で指示語を一つに絞り、必ず指示語を統一しましょう。
 
関連記事

しつけの条件
犬のしつけをする時の条件
2017.9.12
犬のしつけを行う時に適した条件 先のページでは、犬のしつけを行うときに適した環境をご説明しました。次に、条件のほうを挙げていきましょう。 関連記事 犬・飼い主の体調が良い時に行う 当然、と言われれば当然なのですが、あえて挙げました。犬の体調が悪い時以外にも、眠そうな時や、気が散ってしまっている時は...…

「おすわり」のしつけを実際に行う

 ご褒美(おやつ)を使い、おすわりを誘導する

最初はおやつを使い、おすわりを誘導しましょう。
 
まずは、手におやつを隠します。犬は、匂いで飼い主さんの手の中におやつがあることに気づくでしょう。しきりに匂いを嗅いでくるはずです。
 

 
そのまま、鼻先からおでこを通り、犬の頭上におやつを掲げます。コツは、犬の顔に沿うくらいに密接させておやつを移動させます。犬の顔がおやつに追従して動くと思いますが、動く前にあった犬の顔の位置に沿って動かすと良いです。
 
犬は、おやつに釣られて鼻先を上に向けるでしょう。犬の顔に沿わせておやつを動かしているので、犬は立っているままだと窮屈です。首が窮屈でないように自然と腰を落とし、お尻を地面につけます。
 
犬の顔に沿わせておやつを誘導したのは、犬の顔とおやつの間に空間があると、犬が動きやすくなるためです。お尻を付ける前に後退して立ったままをキープしてしまったり、逆に前進してしまったりと、うまくいかない場合があります。
 
犬が「おすわり」をできた瞬間に、「おすわり」と予め決めておいた指示語をだし、ご褒美をあげます。おやつだけでなく、褒め言葉やスキンシップをしっかりとってあげましょう。
 
このステップを何度か繰り返します。次第に、抵抗なく「おすわり」ができるようになるでしょう。
 


おやつを持っていない手で誘導する

今度は、おやつを持たない手で誘導します。
 
先ほどと同じように手を動かします。犬がスムーズにおすわりをできた瞬間に指示語をだし、ご褒美をあげます。まず先に褒め言葉をあげ、ご褒美とスキンシップをした方が、ご褒美をあげやすいかもしれません。
 
もし、スムーズにおすわりができない場合は、前のステップに戻るか、おやつの匂いを手に付けて行ってみると良いでしょう。このステップを何度か繰り返します。

誘導せずに「おすわり」の指示語を出す

誘導せずに「おすわり」の指示語を出しましょう。この時、ハンドサインを交えておくと、ハンドサインを教える予定の場合は楽になります。ハンドサインを交える場合は、これ以降必ず「指示語」と一緒に「ハンドサイン」も出しましょう。私は、誘導をコンパクトにした動き、ということで、人差し指を上に向ける動作で覚えさせました。
 
スムーズにおすわりができたらすかさずご褒美をあげましょう。スキンシップと褒め言葉もお忘れなく。もし、スムーズにできない場合は誘導して、おすわりができた瞬間にご褒美をあげましょう。
 
何度か繰り返し、「おすわり」の指示語で誘導なしでおすわりができるようにしましょう。

様々な場所で「おすわり」の指示語を出す

家の中、何かに気がそれている時、散歩中、お友達の家で…様々な場所やシチュエーションで「おすわり」の指示語を出してみましょう。
 
最初はそこまで気がそれない場所から始めるのが良いでしょう。気がそれて上手くできない場合は、躓いたシチュエーションより落ち着いた場所で繰り返し「おすわり」を練習します。
 
あらゆるシチュエーションで「おすわり」ができるようになることが目標です。犬の安全を守るために、とっさに「おすわり」の指示を出した時にきちんと「おすわり」ができるようにしておきたいものです。

ご褒美におやつを使う回数を減らしていく

次第に、おやつをご褒美に使う回数を減らしましょう。最終的に、褒め言葉やスキンシップをご褒美にします。

犬のおすわりのしつけ まとめ

文章にしてみると長いですが、「おすわり」は比較的スムーズに習得することができるしつけです。
 
これまでに「アイコンタクトをとるしつけ」や「褒め言葉、名前を覚えるしつけ」によって犬とコミュニケーションをしっかりとれている飼い主さんなら、スムーズに習得させられるでしょう。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。