ストレスケア

ストレスケアも犬のしつけの一つ

犬も人と同様にストレスを感じます。例えば留守番の時間、遊び道具がなくて暇でストレスを感じる。一人ぼっちが寂しいタイプの犬だと、留守番の時間、一人で寂しくてストレスを感じる。遊び好きの犬だと、遊び足りなくてストレスを感じる。警戒心の強い犬だと、寝ていても人が通ったり音がするたびに起きて警戒するためストレスがたまる。
 
他にもいろいろストレスがたまる状況はあります。そして、問題行動が起こる原因は、ストレスがかなり多くの割合を占めています。ストレスを感じさせないしつけや環境の管理をするとともに、ストレスケアをすることも重要なしつけの一つと言えます。
 


まずはストレスを感じさせない環境を整える

いくらストレスケアをしていても、ストレスの多い環境下ではストレスケアの意味を成しません。まずは、ストレスを感じさせない環境を整えましょう。例として、以下のようなものがあります。
 

  • 犬が静かに休めるハウスやケージがあるかどうか。
  • ハウスやケージは人通りの少ない、静かな場所にあるかどうか。また、部屋を見渡せる場所だと尚良いでしょう。
  • 留守番で一人にさせるときに、暇つぶしができるように一人遊び用のおもちゃを準備しているかどうか。
  • また、一人にさせていなくても人が構ってあげられない時に遊べるようにしているかどうか。
  • 散歩の時間や運動量は犬種の適正運動量に見合っているかどうか。
  • スキンシップの時間は?量は?
  • 食事量は?食事と食事の時間がかなり空いていないか。
    (仔犬や老犬だと、1日2食だと時間が空きすぎて、空腹のあまり嘔吐やえずく場合があります。その場合は、1日3回、4回など食事の回数を増やしましょう)
  • 犬が一人になる時間(休める時間)を作っているかどうか。

 
他にも、犬に合わせてストレスを感じそうな環境がないかどうか確認してみましょう。
 


ストレスを感じないようにしつけをする

以前の記事でもいくつかご紹介していますが、ストレスを感じないしつけがあります。例えば、留守番のしつけ(留守番でストレスを感じない、減らす)や、音に馴らすしつけ(音に驚きストレスを感じさせない)犬の体を自由に触るしつけ(触られて嫌な部位を作らない、触られてストレスを感じない)人や犬、物事等に対する警戒心、恐怖心を減らすしつけ(無駄吠え等につながる)等があります。
 
ストレスを感じさせない、こんなの何ともない、と思えるようにしつけをすることで、問題行動が改善されることは多々あります。
 
関連記事

犬が留守番をする為のしつけ
犬が留守番をする為のしつけ
2017.9.12
犬が留守番をできるようになると、どういうメリットが? 犬とコミュニケーションをとり、良好な関係を築いている場合、犬は飼い主さんのことが大好きです。飼い主さんがいない状況は、とても寂しいことでしょう。また、飼い主さんをリーダーだと認識しているならば、リーダーが不在の時はとても不安です。 犬が留守番を...…
音を怖がる犬にするしつけ:準備すること
音を怖がる犬にするしつけ:準備すること
2017.9.12
音を怖がる愛犬の目標を設定する 音を怖がる場合のしつけの目標は、どのようなものになるでしょう。 どのような音にどのようなタイミングで触れても、動じない、大人しくしている。 いつどんな時も動じない、というのは私たちでも難しいですが、理想としては上記のようになりますね。それでは、逆に「してほしくない...…
音を怖がる犬にするしつけ:実践
音を怖がる犬にするしつけ:実践
2017.9.12
小さい音量から始める 1:おすわりを指示する 犬が、落ち着いている状態の時に行います。 遊んだ後など、興奮している時は、クールダウンさせましょう。 まずは、おすわりを指示します。飼い主さんに注目させておくと、更に良いでしょう。 2:音を聞かせる(小さい音) 音を聞かせます。 大人しく、じっとしてい...…
ボディコントロールのしつけ
犬を自由に触る:嫌がらなくなるしつけ
2017.9.12
ボディコントロールのしつけ方法 最初は、犬と飼い主さんが落ち着いてお互いに集中できる場所を選びましょう。(「しつけに適した環境」でご説明しています) また、犬が本能的に触られるのを嫌がる部位は、最初のうちは避けましょう。耳の先端・鼻先・お腹・足回り・尻尾・お尻周り・オスであれば性器等 です。端的に...…

ストレスケア

最後に、ストレスケアです。やはり、ストレスを感じさせないようにしつけをし、環境を整えても、ストレスを感じさせてしまうことは間々あります。
 
例えば、散歩。平日の仕事がある日だと、散歩の時間は長く取れない事が多いと思います。スキンシップの時間も、どうあがいても少なくなってしまうこともあるでしょう。また、留守番も長くさせてしまっている家庭も少なくないと思います。
 
やはり、犬のことを思っても、どうしても捻出できない時間はあるものです。また、どんなにしつけをしていても馴れていない音や出来事等に出会わないとは限りません。家の前の道路の工事が始まって、ストレスを感じさせてしまうことだってあります。
 
ですので、休日などの時間がとれる日に、何かプラスアルファをして、散歩やスキンシップの時間を多くとってあげましょう。
 

  • 散歩や運動が好きな犬であれば、休日はドッグランに行ってフリスビー等少し活発な運動をする。
  • 他の犬が好きな犬であれば、ドッグランや公園に行って、遊んでくれる犬友達を作る。
  • スキンシップが好きな寂しがりの犬であれば、落ち着いた音楽をかけて、アロママッサージをしてみるのもよいかもしれません。

 
犬の性格や個性に合わせて、犬に最適なストレスケアをしてあげましょう。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

おすすめの記事
しっぽを追いかけまわす
犬の困った行動
犬が自分のしっぽを追いかけてぐるぐると回っている姿、とても愛らしいですよね。しかし、その愛らしい姿にもいろいろな理由があり、放ってよい場合も...
若齢期の子犬の様子
学習パターン
若齢期の期間、子犬の様子 若齢期とは、社会化期が終わってから6か月齢までを指します。前述のとおり、社会化期の終わりは犬種や個体差がありますが...
バーン(死んだふり)を教える
芸:中級編
通称「バーン」と呼ばれている芸とは、飼い主さんが自分の指を鉄砲のようにし、指鉄砲を愛犬に向け「バーン!」と言います。そして愛犬がバタっと床に...
リードを引っ張るのをやめさせる
一緒に生活するために必要なしつけ
犬と散歩している時に、多くの人が悩むのが「犬がリードを引っ張っていく」ことです。   犬の力は存外強く、ミニチュア・ダックスフントやトイプー...
犬のトイレのしつけ
一緒に生活するために必要なしつけ
家族内で指示語を統一しておく(ワン・ツー、シー・シー、など) 「犬のしつけをする時の条件」でお話ししたとおり、トイレを誘導する可能性のある家...
何故犬のトイレのしつけをするのか
一緒に生活するために必要なしつけ
散歩中にトイレをするのではいけないの? おそらく、散歩中に犬にトイレをさせている方が多いと思います。しかし、このことはお勧めしません。   ...
おいでと呼ぶと逃げる
一緒に生活するために必要なしつけ
「おいで」ができないとどうなるのか 犬がおいでをできないと、いざという時にコントロールができません。例えば、リードが外れてしまったとき。犬を...
犬の初期学習
学習パターン
犬は生まれてから一生をかけて様々なことを学んでいきます。主に学習内容から、大きく二つに分類しています。初期学習と、生涯学習です。 犬の初期学...