音を怖がる犬にするしつけ:実践

小さい音量から始める

1:おすわりを指示する

犬が、落ち着いている状態の時に行います。

遊んだ後など、興奮している時は、クールダウンさせましょう。

まずは、おすわりを指示します。飼い主さんに注目させておくと、更に良いでしょう。

 

2:音を聞かせる(小さい音)

音を聞かせます。

大人しく、じっとしていたらすかさず褒めましょう。

ご褒美と一緒にスキンシップ、褒め言葉もかけてあげてください。

もし、小さい音量でも怖がるようであれば、最初はおやつやおもちゃで気をひきつつ、音を聞かせてあげてください。

何度か繰り返し行い、音に怖がらなくなってきたら、おやつなしで聞かせましょう。

 

怖がるようであれば、1,2分を目安に中断、長くても5分で中断(休憩)しましょう

犬の集中力も持たないので、長くても5分でいったん区切りましょう。

また、飼い主さんは、音を聞いている間は普段通りの態度でいましょう。

犬がもし音に怖がってしまったとしても、慌ててなだめに入るのはNGです。

 

3:音量をだんだん大きくする

聞かせる音の音量を徐々に大きくしていきます。

音を聞かせて、怖がらず大人しくできたら褒める、を繰り返します。

もし、怖がることがあれば、一旦音量を怖がらない位に小さくし、その音量に馴らしましょう。

生の音量位までにして、極端に大きい音を聞かせるのはやめましょう。

 

4:ご褒美におやつやおもちゃを使うのを減らす

ご褒美におやつを使う頻度を減らしていきます。

最終的には、ほめ言葉やスキンシップのみをご褒美とするのが、理想です。

 

5:実際の生活音に触れてみる

いよいよ、実際の生活音に触れてみます。

散歩に行ったり、家の中で音を聞かせたりしてみましょう。

よくお友達などのお家にお邪魔するのであれば、そこで音を聞かせてもらっても良いかもしれません。

音を聞いて大人しくできていたら合格です。

もし、何かの音に興奮するようであれば、再び3番に戻り、音に馴れる練習をしましょう。

 

おやつを毎回あげてしまい、音を怖がらなくなったものの「音=おやつ」なんて認識をしてしまった。何てことにならないようにしたいものです。
[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

次回は、トイレのしつけについて説明します。

おすすめの記事
バーン(死んだふり)を教える
芸:中級編
通称「バーン」と呼ばれている芸とは、飼い主さんが自分の指を鉄砲のようにし、指鉄砲を愛犬に向け「バーン!」と言います。そして愛犬がバタっと床に...
犬のトイレのしつけ
一緒に生活するために必要なしつけ
家族内で指示語を統一しておく(ワン・ツー、シー・シー、など) 「犬のしつけをする時の条件」でお話ししたとおり、トイレを誘導する可能性のある家...
犬が無駄吠えする原因
一緒に生活するために必要なしつけ
犬が無駄吠えする原因は、いくつかあります。犬が無駄吠えする原因を理解してから、原因に応じた対応をする必要があります。 要求、不満があるために...
上手くいかないと行き詰まったら
飼い主と愛犬の関係
 しつけが上手くいかず、行き詰まることはよくある このサイトをご覧の皆さんは、しつけに対してすごく真面目で真剣に取り組まれているのだと思いま...
ボディコントロールのしつけ
一緒に生活するために必要なしつけ
ボディコントロールのしつけ方法 最初は、犬と飼い主さんが落ち着いてお互いに集中できる場所を選びましょう。(「しつけに適した環境」でご説明して...
首輪の選び方
しつけのツール
「しつけ用首輪」に注意した選び方 良心的なペットショップではあまり見なくなった気がしますが、「しつけ用首輪」の中には犬に痛い思いをさせる物が...
人に対する問題行動以外の叱り方
しつけをする時の条件
「「叱る」とはどういう意味? 犬の正しい叱り方」はこちら   叱り方・人に対する問題行動以外について(犬が人が近くにいると認識していない場合...
若齢期の子犬の様子
学習パターン
若齢期の期間、子犬の様子 若齢期とは、社会化期が終わってから6か月齢までを指します。前述のとおり、社会化期の終わりは犬種や個体差がありますが...