何故犬のトイレのしつけをするのか

散歩中にトイレをするのではいけないの?

おそらく、散歩中に犬にトイレをさせている方が多いと思います。しかし、このことはお勧めしません。
 
一つ目の理由として、「様々な方がいるから」です。抽象的な書き方でわかりにくいと思いますので、詳しく書きます。
 
犬が散歩をしている公園や道路は、様々な人が利用しています。犬のことを好きな方、犬を苦手とする方、子供、お年寄り、きれい好きな方などなど。
 
おそらく、すでに「愛犬家のマナー」「犬の糞の後始末」について、問題提起されている地域もあるのではないでしょうか。いらぬ疑惑の目を向けられるよりは、家でトイレを済ませてから散歩をされることをおすすめします。
 
また、犬の糞やおしっこを媒介とする病気もあります。病気の拡散を防止するうえでも、家でトイレを済ませることをおすすめします。
 
二つ目の理由として、「犬の健康状態を確認するため」です。おしっこの匂いや色、糞の匂いや色、形、硬さ。健康状態の指標が詰まっています。動物病院でも、上記の状態をチェックすることは、重要視されているくらいです。毎日の健康チェックとして、チェックすることをおすすめします。
 


トイレのしつけの目標を設定する

毎度しつけの度に目標を設定していますが、今回はどうでしょう。
 

  • トイレをしたくなったら、犬が自発的に所定の場所に行きトイレをする
  • 散歩に行く前などに、指示を出した時に所定の場所でトイレをする

 
今回は2つの目標になりましたが、上記のようになるでしょう。逆に、してほしくないことを考えてみましょう。
 

トイレをしたくなった時、所定の場所に行かず好きな場所でトイレをする

 
こうなりますね。ご褒美をあげるタイミングと、ご褒美をあげない条件を明確にしましょう。
 
長くなりますので、一度区切ります。次回に犬のトイレのしつけ:実践をご紹介します。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。