家族内で指示語を統一しておく(ワン・ツー、シー・シー、など)

「犬のしつけをする時の条件」でお話ししたとおり、トイレを誘導する可能性のある家族内で、指示語を統一しておきましょう。ある人は「ワン・ツー」と言い、またある人は「シー・シー」と言ってしつけをしていたら、愛犬は混乱してしまいます。
 
覚えられるはずの指示語を覚えることができず、結果的にトイレを失敗してしまう場合があります。
予め、家族内で指示語を一つに統一し、全員がその指示語を使用するようにしてください。
 
関連記事

 


犬の尿意・便意に気づくことが重要

犬のトイレをしつけするには、まず「犬がトイレに行きたがっている」様子に気づかないといけません。犬がトイレに行きたい時にトイレに誘導させないと、トイレをする時はこの場所 という紐づけができません。
 
犬がトイレに行きたい時は、

  • そわそわして落ち着きがなくなる
  • 地面の匂いをしきりに嗅いでいる
  • 自分のお尻をしきりに気にする
  • 後ろ足の動きがちょっとおかしい
  • お尻の穴が少し膨らんでいる(便意を催している場合のみ)

といった様子が見られます。
 
また、

  • 朝や、昼寝など、寝起きの時
  • ご飯を食べた後
  • 運動した後

等のタイミングでトイレに行きたくなるようです。
 
タイミングに関しては個体差があるので、記録を付けておくとしつけしやすいです。
 


犬がトイレに行きたくなったら、トイレに誘導する

誘導した場所でトイレをし始めたら、予め設定しておいた指示語をかけます。「ワン・ツー」がよく聞かれる指示語ですが、「シー・シー」など、かけやすい言葉で大丈夫です。
 
トイレをしている時に指示語を聞かせることで、トイレ=指示語 の紐づけをします。この事により、指示語を聞かせる事で、トイレを誘導することができるようになるわけです。
 
上手くトイレをすることができたら、ご褒美をあげましょう。トイレをすること自体が、生理的現象でしなくてはならないものなので、「ご褒美」の必要はない、という意見もあります。しかし、ご褒美をあげることによって、「適切な場所で」トイレをする事をよりスムーズに認識できます。
 
ご褒美も、最初はおやつやおもちゃを与えたとしても、次第に褒め言葉やスキンシップのみにしていきましょう。
 
また、初めのうちはサークルの中にトイレシーツを設置し、その中に愛犬を入れることで、トイレの場所の指示がしやすくなります。(あちこち自由に動き回らないため)

犬がトイレを失敗してしまった場合

よくある例で、犬がトイレを違う場所でしてしまったときに、「○○ちゃんダメでしょ!そんなところでしちゃダメ!」と叫んで叱るケースがあります。
 
「叱るとは?正しい叱り方」でも紹介したように、叫んで叱るのはNGです。
 
「ここでトイレをすると喜んでもらえる」と勘違いしてしまいます。トイレを間違えた場合は、間違えたことを指摘しません。叱りません。また、「ここでトイレをしたら飼い主さんが来てくれる」と勘違いさせないためにも、犬を別室に移動させるなどして、犬が見ていない時に片づけます。
 
また、ふき取るだけでなく、消臭スプレーなどでしっかりと匂いも消し去りましょう。何故かというと、おしっこなどの匂いが残っていることで、「この場所がトイレだっけ?」という勘違いが生まれるからです。
 
関連記事

犬のトイレのしつけ まとめ

犬のしつけにおいて、トイレのしつけは難しいです。10回のうち2回間違えるのは当たり前、と言われるくらい難しいです。
 
また、病気やストレス、その他の要因でトイレを失敗する場合もあります。もし、しつけがなかなかうまくいかないという場合は、原因を考える必要があるでしょう。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。