犬と一緒に寝る、添い寝するのは良い?

やはり、犬と一緒に暮らすと、一緒に寝たいと思う方は少なくないと思います。
 
また、子犬を迎え入れたご家庭は、夜になると母犬恋しさに子犬がぐずることもあるのではないでしょうか。そうなると、やはりかわいそうになり、ベッドに入れてあげようかと思うこともあると思います。
 
実際に、犬をベッドにあげて一緒に寝ることは、しつけの関連上良いものなのでしょうか。

犬と飼い主の上下関係がしっかりしているのならば、たまにならば問題ない

結論から先に申しあげると、上下関係が犬と飼い主さんの間でしっかりと築かれているならば、添い寝することはたまにであれば問題ないです。というのも、犬をベッドにあげるというのは、上下関係を勘違いさせるリスクがあるのです。
 
犬の群れでは本来、上位にあたる犬から順に良い寝床を確保します。下位の犬が上位の犬が確保した寝床近づこうものなら、唸ったり甘噛みをされて叱られるのです。つまり、今回の場合「良い寝床=ベッド」です。良い寝床に誘導する=犬と飼い主さんの上下関係が等しいか犬の方が上 と犬にご認識される可能性があります。
 
犬と飼い主さんの間で上下関係をしっかり築いていないと、簡単に上下関係がひっくり返ってしまいます。また、上下関係を築いていても、頻繁にベッドに乗せて一緒に寝ていると、勘違いが起こる可能性もあります。
 
犬が先にベッドに乗っていて、飼い主さんが寝るために犬を移動させようとすると、唸って噛まれる・・・なんてことも起こりうるので、ベッドにあげる際は注意が必要です。
 


子犬の場合は、押しつぶす危険性もある

子犬をベッドにあげるのは、特に注意が必要です。というのも、人が寝返りを打った際に押しつぶしてしまったり、ベッドから落としてしまう可能性があるからです。成犬であれば、人が身動きした際にちょっと避けてくれたり、ぶつかったとしても押しつぶされはしません。押しつぶされそうになっても逃げだします。もしくは何らかの方法で人を起こすでしょう。
 
しかし、子犬は寝るときは熟睡します。ゆすっても起きない位熟睡する場合もあります。人が寝返りを打った際に避けることができません。また、身体自体が成長していないので万が一の場合が危険であると言えるでしょう。

「一人でいる」事への耐性が失われる

人と必ず一緒に寝る、添い寝するということを子犬のころから続けてきた犬は、一人でいる事が不安でたまらなくなる傾向にあるようです。この様な状態でペットホテルに預けると、夜泣きしたり、体調を崩したりするケースもあるようです。また、精神的に独立しきれず、留守番などのしつけが難航する場合があります。

一緒に寝る際は「ベッドに上げる」のではなく、「犬の寝床をベッドの傍に用意する」

ベッドに上げるのは危険。そうはいっても、子犬の場合や犬を迎え入れたばかりの場合は、犬の状態、体調が気になるものです。人の視界に入る場所で寝てほしいのは当然と言えるでしょう。
 
一緒に寝る際は、ベッドに上げるのは避けて、ベッドの傍に犬の寝床を作ってあげましょう。ハウスを準備するのでもよいですし、クッションなどを準備して、寝れるようにしてあげてもよいでしょう。
 
あくまでも、人の寝床と犬の寝床は区別しましょう。また、犬が寂しくなってぐずり始めたとしても、ベッドに上げるのは避けましょう。ケージやハウスをベッドにしている場合は、タオルなどをかけて暗くすると大人しくなる場合があります。また、一人遊び用のおもちゃを与えて、犬が眠くなって寝るのを待つ等の対応をとると良いでしょう。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。