オペラント条件付け

オペラント条件付けとは

オペラント条件付けとは、「自分が能動的に起こした行動」で得た結果から、どのような感情を得たのかによって次回の行動が決定されます。例をあげましょう。
 

一発ギャグを披露した ⇒ 物凄く反響があった ⇒ 嬉しい ⇒ 同じギャグを繰り返し使うようになる

 
この場合の学習過程は、一発ギャグを披露したところ、反響があり、「嬉しい」というポジティブな感情を得ます。このポジティブな感情を再度体験するために、同じギャグを繰り返し使うようになります。
 
そして、あまりに繰り返しギャグを使ってしまうと、、、よくあることですが
 

鉄板だと思っている一発ギャグを披露した ⇒ 飽きられていた、白けた空気 ⇒ 恥ずかしい、つまらない ⇒ 鉄板だと思っていたギャグを使わなくなる

 
こんなつらい結果になることもありますね。私も何度か経験しています。この場合の学習過程は、反響があるギャグを繰り返し使っていたら、飽きられてしまっていて予想していた反響がありませんでした。「恥ずかしい、つまらない」といったネガティブな感情を得てしまいます。
 
このネガティブな感情を再度体験するのを避けるために、ギャグを使わなくなります。
 
この他の例として、

  • 母親のお手伝いをした ⇒ お小遣いもらった! ⇒ お手伝いを励むようになる
  • (お小遣い目当てで)お手伝いをする ⇒ お小遣いもらえなかった・・・ ⇒ お手伝いしなくなる
  • イケメン(もしくは美人)とおつきあいした ⇒ 性格の不一致、ひどい性格だった・・・ ⇒ 人は外見じゃないよね、もうイケメン(美人)はこりごりだ!
  • ふらっと料理屋さんに入った ⇒ 料理が口に合わない、美味しくない・・・ ⇒ この料理屋さんはもう利用しない
  • 愛犬が「ちょうだい」の芸をした ⇒ 周囲の人から大反響、「かわいい!」の嵐 ⇒ 人がいるときに、指示なしで「ちょうだい」をするように(笑)

 
などがあります。さて、オペラント条件付けには、古典的条件付けの学習とは異なる点があります。「感情」によって行動が左右されるのは同じなのですが・・・何かわかりますか?
 
「ご褒美」もしくは「罰」が与えられるか取り除かれるかしている という点が違います。オペラント条件付けでは、この点を踏まえて、学習パターンが4つに分類されています。
 
少々長くなってしまいましたので、一度区切りましょう。

あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。