学習とはどういう意味?学習する過程

「学習」とは?

今更ですが、「学習」とはなんでしょう。
 

学習(がくしゅう)は、体験伝聞などによる経験を蓄えることである。生理学心理学においては、経験によって動物(人間を含め)の行動が変容することを指す。繰り返し行う学習を練習(れんしゅう)という。

wikipedia

 
つまり、私たちは「経験」から知識を得ています。ある「経験」に基づいて、ポジティブな感情を得たのか、ネガティブな感情を得たのかで学習し、次回の行動が変化します。これは、人も犬も区別がなく、どの動物も経験を得ることによって学習します。例を挙げます。
 

ある子供が、誰かにお願いされたわけでもないけれど、母親のお手伝いをしたとしましょう。
 
母親がお手伝いに対してお小遣いなどのご褒美をくれたとします。何度か同様の出来事があると、その子供は率先してお手伝いをするようになりました。

 
この子供が学習したきっかけは、「お手伝い」を自発的にしたことにより、「お小遣いなどのご褒美」をもらえ、「嬉しい」というポジティブな感情を抱いたことです。「嬉しい」事を再び体験するために、体験するきっかけとなった「お手伝い」を率先してするようになりました。
 
逆に、ネガティブな感情を得た場合は、それを感じた出来事を体験しないように、きっかけとなった出来事を避ける・しないようになります。例に挙げると、以下のようになります。
 

ある子供が、お腹を空かせていました。母親におやつをねだると、もうすぐ食事なのだから我慢しなさい、と言われてしまいます。それでも我慢がならなかった子供は、そばにあった段ボールを足台にして、戸棚に隠してあるおやつを取ろうとします。
 
すると段ボールはつぶれてしまい、自分は尻もちをついてお尻が痛い。物音で母親に気づかれてしまい、大目玉をくらってしまいました。
 
子供は段ボールを足台に使うことはなくなりました。

 
この子供は、「足台に段ボールを使わない」ことを学びました。きっかけは段ボールがつぶれて、尻もちをついて「お尻が痛い」というネガティブな感情を得たこと。また、「おやつをとれなかった」「母親に止められていたことをしていたために、気づかれて怒られた」というネガティブな感情を得たこと。
 
これにより、ネガティブな感情を得るきっかけとなった「足台に段ボールを使う」ことを避けます。どうしても使う必要があるときは、潰れないかしっかりと確認することでしょう。

学習とは まとめ

いかがでしたでしょうか。「学習」するきっかけ、どういうもので学習するのかご理解いただけたかと思います。犬に対して、どういうしつけをしたらよいか、なんとなく想像された方もいらっしゃるでしょう。
 
次回は、学習パターンの一つ、「古典的条件付け」についてご説明します。小難しい話が続きますが、知っておくと犬のしつけが楽になるかと思います。

関連キーワード
  • ペットロス
    ペットロス
  • 上手くいかないと行き詰まったら
    上手くいかないと行き詰まったら
  • 犬と一緒に寝る、添い寝するのは良い?
    犬と一緒に寝る、添い寝するのは良い?
  • オペラント条件付け:4つのパターン
    オペラント条件付け:4つの学習パターン
  • オペラント条件付け
    2つの学習パターン:オペラント条件付け
  • 古典的条件付け
    2つの学習パターン:古典的条件付け
あなたの愛情に犬が従いたくなるしつけ法
森田誠 家庭犬のためのしつけ法

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

 

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

おすすめの記事
犬が床を舐める理由
一緒に生活するために必要なしつけ
サイトへのご感想ありがとうございます。励みになります。   さて、本題に参ります。犬が床を舐める理由についても、いくつかあります。また、床を...
犬の体を触れないとどうなるのか
一緒に生活するために必要なしつけ
犬の体に自由に触れるしつけ(ボディコントロール)の必要性 なぜ犬の体に自由に触れるようにしつけをする必要があるのか。このしつけ、意外と重要な...
おいでと呼ぶと逃げる
一緒に生活するために必要なしつけ
「おいで」ができないとどうなるのか 犬がおいでをできないと、いざという時にコントロールができません。例えば、リードが外れてしまったとき。犬を...
犬のふせのしつけ方法
一緒に生活するために必要なしつけ
「ふせ」を犬にしつけする重要性 おすわりをしつけする重要性と被る点はありますが、犬にふせをしつけすることもまた重要です。   おすわり以上に...
罰として無視をする
しつけの方法
無視を正しく罰として使用する 犬をしつけする方法として、何度か「無視をする」という方法をあげました。よくあるしつけの方法がまとめてある書籍や...
ペットロス
飼い主と愛犬の関係
愛する犬が死んでしまった時、多くの飼い主さんが深く悲しみ、喪失感を覚えると思います。犬を自分の一部のように愛し、大事にしていたならば、悲しみ...
古典的条件付け
学習パターン
2つの学習パターン 「学習」には、2つのパターンがあります。それが、「古典的条件付け」と「オペラント条件付け」です。   学習の大筋は同じで...