犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

ハウスの教え方

2015.04.20

ハウスの教え方 はコメントを受け付けていません。

犬にハウスをしつけるメリット

犬は本来、外敵から身を守るため、ある程度狭めの囲われた空間を好みます。
ハウス(クレート)を安全な場所としつけることで、動物病院に行くときなどに苦労せずハウスに入ってくれるようになります。

また、犬が留守番をする際にも、ハウスに入って留守番をすることで、犬に大きな負担やストレスをかけずに留守番をさせることができます。

また、苦手な物などに馴らす際も、ハウスという安全地帯に入って苦手な物に接触することで、馴化しやすくなります。

 

 

ハウスをしつける際の目標を設定する

ハウスをしつける場合は、どのような目標(ゴール)が良いでしょう。

  • ハウスの指示語を出したら、ハウスに入って大人しくしている

逆に、望ましくないことはどのような事でしょう。

  • ハウスの指示語を出しても、ハウスに入らない

このような感じでしょうか。
ご褒美をあげるタイミングを間違えないように、しっかりと整理しましょう。

 

 

家族内で指示語を統一しておく

ある人は「ハウス」と指示をだし、ある人は「ケージ」と指示を出す・・・
こんな風に、ばらばらの指示語を出してしまうと、犬は混乱します。
最終的に、どの指示語でも「ハウス」ができなくなってしまう、なんて事態になる事もあります。
犬を混乱させないためにも、家族内で指示語を一つに絞っておきましょう。

 

 

ハウス選びのおすすめ

ちなみに、ハウスはどのようなものが良いでしょうか。
屋内で使用するものには、クレートとケージがあります。
屋外であれば、ケネル(俗にいう犬小屋)です。
クレートは移動に便利です。プラスチック製の者や、合皮製の物、布製の物などバリエーションに富んでいます。
ケージは檻状のものです。移動には不適切ですが、ケージ内からの視界は良好です。

  • クレート・ケージ内で身動きが取れ、寝転がることができる余裕がある。
  • 底面が安定している。
  • ドアや持ち手などの接合部がしっかりしている。
  • ケージ、クレート内から外の様子が見える。

冬場には、冷気が入ってきて寒いので、毛布などを敷いて防寒対策をしてあげましょう。

 

 

ハウス設置のおすすめ

ハウスを購入したら、ハウスを設置します。

  • 家の中が見渡せる位置に設置することで、犬を安心させる。
  • 冷気が入るので、防寒対策をする。
  • 人通り、車通りの多くない場所に設置する。ハウスは犬の「家」と考えてあげましょう。
  • 特に夏場は衛生面も考えて、適度な頻度でハウスを洗浄する。
  • トイレとハウスは別々にして、区別する。
  • ハウスの中に、一人遊びができるおもちゃを準備しておく。

 

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

 

ハウスを教える

1:おやつなどで犬をハウスに誘導する

まず、おやつなどで犬をハウスまで誘導しましょう。

犬がハウスに入った瞬間、ご褒美をあげます。
ご褒美をあげるのは、犬がハウスに入った直後が望ましいです。
入る前にあげるのは望ましくないですし、入ってからしばらくしてあげるのも望ましくないです。

また、ご褒美をあげる際は、おやつだけでなく必ず褒め言葉やスキンシップもしっかりしましょう。

この教え方を何度か繰り返します。
ハウスは良いことがある場所、と犬に認識させます。

 

2:犬がハウスに入る瞬間、指示語を出す

教え方はステップ1とほぼ同じです。
犬をおやつなどでハウスまで誘導しましょう。

犬がハウスに入る直前に、「ハウス」などの指示語を出します。
指示後は繰り返さずに、一回だけはっきりと犬に伝えます。

犬がハウスに入った直後、先ほど同様ご褒美をあげます。
ご褒美は、おやつだけでなく褒め言葉やスキンシップもしましょう。

指示語 → ハウスに入る(足を踏み入れる) → ご褒美 という順番です。

このステップで、ハウスという指示語と、ハウスに入る行動を結びつけています。

この教え方を何度か繰り返しましょう。

 

3:指示語で誘導し、ハウスに入ったらご褒美をあげる

今度は、おやつの誘導はしません。
指示語で犬をハウスまで誘導しましょう。
犬がハウスに入ったらすぐにご褒美をあげます。もちろん、褒め言葉やスキンシップは必ずしましょう。

おそらく、最初は指示語だけでは動かないと思います。
その場合は、おやつを持っていない手で誘導し、次第に指示語のみで誘導できるようにしていきましょう。
おやつを持っていない手でも誘導しにくい場合は、おやつの匂いを手に付けて誘導してもよいかもしれません。

どうしてもうまく誘導できない場合は、ステップ2の教え方に戻って何度か繰り返しましょう。

 

4:おやつをご褒美にあげる頻度を減らす

次第に、おやつをご褒美にあげる頻度を減らしましょう。
おやつをあげなくても、必ず褒め言葉とスキンシップはしましょう。
おやつ目当てになる事を防止します。

 

 

ハウスの中で長時間待機させる場合は

今回ご紹介したのは、ハウスに入るしつけです。
ハウスの中で長時間待機させる場合は、犬の留守番のしつけを参考にされると良いと思います。
また、ハウスの中で長時間待機させる必要のないときでも、ハウスの中に犬を入れて「長時間待機する練習」をしておくと良いでしょう。

また、何もないハウスの中で長時間待機をするのは誰だって苦痛です。
暇つぶし、時間つぶしになるような、コング等のおもちゃをハウスに差し入れしておきましょう。

 

ハウスの教え方は以上です。

 

ハウスのしつけは一見必要なさそうに見えますが、意外と重要です。
[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。