犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

カテゴリー:しつけを始める前に

ペットロス

2017.02.01

ペットロス はコメントを受け付けていません。

ペットロス

愛する犬が死んでしまった時、多くの飼い主さんが深く悲しみ、喪失感を覚えると思います。 犬を自分の一部のように愛し、大事にしていたならば、悲しみや喪失感はより深く、大きなものとなります。 この悲しみや喪失感を受け止めきれず、生活に支障…

詳細を見る

上手くいかないと行き詰まったら

2015.05.05

上手くいかないと行き詰まったら はコメントを受け付けていません。

 しつけが上手くいかず、行き詰まることはよくある このサイトをご覧の皆さんは、しつけに対してすごく真面目で真剣に取り組まれているのだと思います。 様々なサイトやしつけの本を読んで、いろいろな方法や考え方を身につけているのではないでし…

詳細を見る

犬と一緒に寝る、添い寝するのは良い?

2015.04.25

犬と一緒に寝る、添い寝するのは良い? はコメントを受け付けていません。

やはり、犬と一緒に暮らすと、一緒に寝たいと思う方は少なくないと思います。 また、子犬を迎え入れたご家庭は、夜になると母犬恋しさに子犬がぐずることもあるのではないでしょうか。 そうなると、やはりかわいそうになり、ベッドに入れてあげよう…

詳細を見る

オペラント条件付け:4つの学習パターン

2015.02.11

オペラント条件付け:4つの学習パターン はコメントを受け付けていません。

4つの学習パターンの前に 早速学習パターンをご紹介!と行きたいのですが、 少々難しい語句が出てきますので、先にご説明します。 強化刺激(好子・強化子とも言います) ご褒美のことを指します。「褒められた」「お小遣いをもらった」「…

詳細を見る

2つの学習パターン:オペラント条件付け

2015.02.10

2つの学習パターン:オペラント条件付け はコメントを受け付けていません。

オペラント条件付けとは オペラント条件付けとは、「自分が能動的に起こした行動」で得た結果から、 どのような感情を得たのかによって次回の行動が決定されます。 例をあげましょう。 一発ギャグを披露した ⇒ 物凄く反響があった ⇒ 嬉…

詳細を見る

2つの学習パターン:古典的条件付け

2015.02.08

2つの学習パターン:古典的条件付け はコメントを受け付けていません。

2つの学習パターン 「学習」には、2つのパターンがあります。 それが、「古典的条件付け」と「オペラント条件付け」です。 学習の大筋は同じです。 「結果」と「その結果が起こったきっかけ」を紐づけて、 「結果」を再び体験したいのか…

詳細を見る

学習とはどういう意味?学習する過程

2015.02.07

学習とはどういう意味?学習する過程 はコメントを受け付けていません。

「学習」とは? 今更ですが、「学習」とはなんでしょう。 学習(がくしゅう)は、体験や伝聞などによる経験を蓄えることである。生理学や心理学においては、経験によって動物(人間を含め)の行動が変容することを指す。繰り返し行う学習を練習(れんし…

詳細を見る

ワクチン接種中、接種後の社会化について

2015.02.06

ワクチン接種中、接種後の社会化について はコメントを受け付けていません。

ワクチン接種中の社会化期における社会化の仕方 ワクチン接種パターンによってワクチンを摂取しても、 移行抗体が失われてからワクチンの免疫ができるまで、免疫のない空白の期間があります。 では、その間社会化をどうしたらいいのでしょうか。…

詳細を見る

社会化期とワクチンの関係、重要性

2015.02.05

社会化期とワクチンの関係、重要性 はコメントを受け付けていません。

社会化期になぜワクチンの話が出てくるの? 社会化期は4週齢~12週齢というごく短い期間で、社会化にとても重要な時期です。 しかしそれと同時に、身体も未成熟で、抵抗力が弱いです。 生まれてすぐに、母犬から初乳をもらっている時についている…

詳細を見る

若齢期の子犬の様子、成長すること

2015.02.04

若齢期の子犬の様子、成長すること はコメントを受け付けていません。

若齢期の期間、子犬の様子 若齢期とは、社会化期が終わってから6か月齢までを指します。 前述のとおり、社会化期の終わりは犬種や個体差がありますが、目安としては12週齢~14週齢です。 社会化期の終わりの特徴は、「見知らぬものに対する恐怖…

詳細を見る

スポンサーリンク