犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

移行期の子犬の様子、成長すること

2015.02.01

移行期の子犬の様子、成長すること はコメントを受け付けていません。

移行期とは

移行期とは、生後13日~生後20日頃の期間を指します。
ちょうど、目が開き始めてから、外耳道が開いて周囲の音に反応するようになるまでで、
母犬に終始くっついている状態でなくなる時が、移行期の終わりといえます。

移行期の子犬の様子として、

  • 前後の足の触覚が発達し、よちよち歩きができるようになる
  • 排泄(おしっこやうんち)を母犬の補助なしでできるようになる
  • 尾を振ったり、耳を伏せたりなどの体を使った感情表現ができるようになる
  • 鳴き声を使った感情表現もできるようになる

などがあります。

 

移行期の子犬の成長・発達の様子

移行期は、目が開き、耳も少しずつ聞こえるようになっていきます。
前後の足の触覚も発達し、視覚・聴覚・触覚、様々な感覚から情報を得ることができます。
目も見えず耳も聞こえなかった新生子期と比べると、膨大な情報量となります。
この膨大な情報量を処理するために、脳も急速に発達していきます。

そのため、活動時間と睡眠時間の切り替えが極端で、
先ほどまで激しく遊んでいたかと思うと、
ぱったりと静かになり、熟睡している、なんてことがあります。
寝ている間に起きている時に得た情報を整理したり、
起きている間に得た刺激を基に神経が発達したりしています。

また、この時期は兄弟犬同士、姉妹犬同士でじゃれあいが始まります。
母犬や兄弟犬、姉妹犬の様子を観察し、尾を振ったり、耳を伏せたりといった感情表現を覚え、
唸り声や不満な時の声などの特殊な鳴き方を覚えいきます。

ちなみに、この時期に兄弟犬や姉妹犬とのじゃれあいを経験しなかった場合、
政権になってから正常な交尾を行うことができない、とも言われているそうです。

移行期の子犬は、この後に続く社会化期にも通じる物がありますが、
新しいものや見慣れないものに対する警戒・恐怖を減らすために、
適度な刺激を与える必要があります。

過剰な刺激を一度に与えすぎると、情報処理ができずに、
逆効果となってしまう場合があるので注意が必要です。

 

移行期における子犬の扱い方

  • 声をかける
    子犬が落ち着いている時や、撫でるとき、抱くときに声をかけます。
    優しく、あまり大きすぎない声がよいでしょう。
  • 音を聞かせる
    テレビやラジオ、CDなどで家族以外の人の音や音楽を聞かせます。
    あまり大きい音だと刺激が強すぎるので、
    音量に注意してあげてください。
  • 動くものを見せる、遊ばせる
    コロコロ転がるボールなどのおもちゃや、
    不規則に転がるコングなどの知育玩具を与えます。
    バリエーションは数種類あるとよいですが、
    犬に与えるときは1度にいろいろなものを与えるのはやめましょう。
  • 周囲の環境に変化を付ける
    子犬に新しい刺激を与えます。
    いつもと違う部屋に連れて行ってみたり、違うクッションやベッドを置いてみたり、
    少し家具やラグなどのの配置を変えてみたり、
    犬の目に入る風景に変化を付けてみましょう。

 

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
次回は社会化期の時期・重要性についてご説明します。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。