犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

犬のしつけをする時の条件

犬のしつけを行う時に適した条件

先のページでは、犬のしつけを行うときに適した環境をご説明しました。
次に、条件のほうを挙げていきましょう。

 

  • 犬・飼い主の体調が良い時に行う
    →当然、と言われれば当然なのですが、あえて挙げました。
    犬の体調が悪い時以外にも、眠そうな時や、気が散ってしまっている時は、避けましょう。
    無理強いをする事で、犬がしつけ自体を嫌いになってしまう可能性があります。
    犬がしつけに対して乗り気ではなく、「嫌だなあ」と思っている時は、アイコンタクトを嫌がったり、なかなか立ち上がらなかったり、
    個人差(個体差)があれど、何がしかのサインが出ているはずです。気づいてあげてください。

 

  • 10~15分程度を目途に、犬の集中が切れる前にしつけを終える
    →犬の集中力は、意外と切れるのが早いです。
    これは個人的な予想でしかないのですが、本能として、長時間何かに集中するのを避けているのではないかと思います。
    集中が切れてからもしつけを続行すると、無理強いしている形になってしまい、
    犬がしつけを嫌がる様になる場合もありますので、その場合は早目に切り上げましょう。
    理想としては、犬の集中が切れる前にしつけを切り上げることが望ましいです。

 

  • 号令は統一する

ポメ文字あり

特にご家族がいる場合は要注意です。
先述したとおり、犬は言葉を理解しているわけではありません。
さまざまな言葉で犬にしつけをすると、混乱してしまい、しつけがうまくいかない場合もあります。
号令は1つに統一してしつけを行いましょう。
例:おすわり・すわれ・sit downなど 1つに絞る

 

 

  • 飼い主さんがまず楽しんで

→犬は大好きな飼い主さん良く見ているものです。
飼い主さんが今楽しいのか、辛いのか、怒っているのか、嬉しいのか。わかっています。
飼い主さんが楽しんで犬にしつけをしてあげてください。
「大好きな飼い主さんが嫌がっている。したくないなぁ。」
「ぼく(わたし)がしなかったら、飼い主さんも嫌なしつけをしなくていいのかな。」
なんて考えて、しつけを嫌がってしまうかも。
「飼い主さんが楽しんでいる。嬉しいみたい。もっと喜んでほしい!」
と、犬が一緒にしつけをしたくなるように、楽しんでしつけをしましょう。

 

  • 焦らない

人文字なし→トップページにも先述しましたが・・・
時には犬のしつけがうまくいかない場合もあるでしょう。
犬が皆が皆要領の良い子ばかりじゃないので、躓く時もあるでしょう。
しかし、焦らないでください。
「うまくいかない」のではなく
「今日はごほうびで誘導されながらおすわりができた」と、
できたことを探してあげてください。できたことを褒めてあげてください。喜んであげてください。
できないことをしかられるより、少しでもできたことをほめられるほうが「やる気」に繋がるものです。
最初は誰だってうまくいかないものです。でも、犬も飼い主さんも頑張っています。
犬とお互い、ゆっくり着実に成長していきましょう。

 

犬のしつけをする時の条件を整理したら、ぜひご覧いただきたいしつけ方法があります。
[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法です。
これは、愛犬があなたの愛情に従いたいと思えるようになるしつけ方法です。
犬がおやつのためにしかいう事を聞かないなんてことはもうありません。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
 
次ページでは、「褒める意味・叱る意味、犬の正しい褒め方」をご説明します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。