犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

犬のしつけをする時に適した環境

犬のしつけを行う時に適した環境とはどんな所?

さて、ここまで読み進めてくださった皆さんは、ここで質問が来る、と思っていらっしゃることでしょう。
あたりです。質問いたします。

あなたが勉強や趣味など、新しいことに挑戦する時、どのような環境で始めたいですか?
テレビがついて、家族みんなが話している居間?
静かなで集中できる個室?
音楽をかけて、音楽に集中しながらしますか?

おそらく、この質問は皆さんの回答に多少のばらつきがあるかと思います。
しかし、大半の方が各々の「集中できる場所」を挙げられるのではないでしょうか。
お決まりですが、犬も同じです。
やはり、新しいことに挑戦する時は、集中できる場所が良いものです。
しつけの最終目標は、「どのような環境でもルールを守れること」ですが、
新しいしつけを始める時は、集中できる場所を選択してあげましょう。
特に、しつけを始め立ての愛犬とあなたであれば、お互いに集中できる場所が最適です。

では、細かく条件を挙げるとすれば、どのような場所でしょうか?挙げていきましょう。

 

しば文字なし・興味のそれるものが無い場所
→犬のしつけに使わないおもちゃが無い・テレビなどの動いたり音のなったりする物が無い
人通りが少ない・車などの音が聞こえにくい

・なるべく広く使える場所
→家具や荷物がある場合は隅に寄せて、犬やあなたが集中した際に何かにぶつかる危険の無い場所

(「おいで」や「取って来て」、「待て」などを教える際は、屋内であれば廊下なども利用して広く場所を取りましょう)

 

・気温が高すぎない・低すぎない
→犬のほうが体温が高いので、私たちの「適温」だと、犬にとって「暑い」場合が多いです。
適温は20~25℃と言われていますが、中には寒がりの愛犬もいます。
愛犬の様子をチェックして、適宜調節してあげてください。
暑い場合:舌をだして、「ハッハッ」と呼吸が少し荒くなる。寝そべったりと広がる体制で待機している。
寒い場合:ブルブルと細かく震える。座ったり丸まったりと、縮こまる体勢で待機している。
暑い場合は、熱中症等の危険もありますので、夏場は注意してあげてください。

 

・湿度にも注意
→湿度は50%前後が適湿です。
犬は汗がかけません。肉球に多少汗腺(汗をかく場所)がありますが、ほぼ意味を成していません。
では何で体温管理しているのかと言うと、呼吸です。呼吸で水分を逃がして、体温を下げています。
その場合に周囲の湿度が高いと、水分を逃がせず体温が下げられなくなります。
やはり夏場は熱中症の危険が出てきますので、湿度も注意してあげてください。

 

・水分補給ができるように
→特に夏場やエアコンの効いた屋内では要注意です。
犬のしつけをしている合間合間に、水分補給を兼ねた小休憩を挟んであげてください。
しつけに集中すると忘れがちですが、脱水を起こす可能性もあります。

少々長くなってしまいましたが、犬のしつけに適した環境は上記のとおりです。
ジャズ等のインストゥルメンタルミュージックを小さめの音で流しているのも良いかもしれません。
細かい部分は愛犬やあなた自身にあわせて、適宜変更してください。

 

しつけをするための環境を整えたら、ぜひ一度この方法をご覧ください。
それは、愛犬が「おやつ」や「おもちゃ」のために従うのではなく、あなたの「愛情」に従いたいと思うようになるしつけ方法です。
[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法です。
おやつのためにいう事を聞く、何てことはもうありません。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
 
一度ページを区切り、次ページで「犬のしつけをする時の条件」を説明いたします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。