犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

犬とコミュニケーションを取るしつけの効果

犬とコミュニケーションを取るしつけで、どんなルールを決めているの?

まず最初に、「しつけ」とは何か、をご説明します。

人間または家畜の子供または大人が、人間社会集団規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞い(規範の内面化)ができるように、訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。(引用:wikipedia)

平たく言うと、「ルールを教える」ことです。
社会のルール、家庭のルール、個人間のルール、いろいろあります。それを、伝えることです。
決して、罰したり褒める事単体を「しつけ」というのではありません。寧ろ、その考えは捨ててください。

さて、本題に戻ります。
犬とコミュニケーションを取るしつけでどんなルールを取り決めたのかと言いますと、

・この言葉はあなた(犬)を呼んでいる言葉であること

・この言葉はあなた(犬)を褒めている言葉であること

・アイコンタクトは私(飼い主)とあなた(犬)のコミュニケーション手段であること

です。
厳密には少々異なりますが、このような取り決めを犬との間にしました。
(詳しくは、「学習パターン」のカテゴリーでご説明いたします)

では、この取り決めをしたことで、何が変わるのでしょうか?

 

犬とコミュニケーションを取るしつけで変わる事

おそらく、この記事を読んでくださっている皆さんは、既にいくつか思いついていることでしょう。

まず先に箇条書きに挙げてみましょう。

シェルティー文字なし・犬のしつけがうまくいったときに、「褒める」ことができる。
  
褒められることで、犬のしつけに対する「やる気」が出てくる

・犬が自分の名前を呼ばれると、反応するようになる
  →コミュニケーションがよりスムーズになり、
「おいで」などのしつけもスムーズに教えられる

 

・犬のしつけの合間にアイコンタクトをはさむことで、モチベーションの維持・メリハリをつけることができる

・何より、犬との会話・コミュニケーションの幅が広がる

その他にもまだまだ挙げられるのですが、大きく挙げるとこのような効果があります。

私たちは、言葉が通じます。
幼い頃の経験と言葉を繋げて、どの言葉が「褒められて」いるのかどうか、理解しています。
しかし、犬とは言葉が通じません。長年共に暮らしていると通じ合うことができますが、すぐには難しいです。
そのために、犬にごほうびをあげる事で、この言葉は嬉しい言葉、と覚えてもらう「しつけ」が必要になってくるのです。
そうして、段階を踏むことで、ごほうびを「おやつ」ではなく「嬉しい言葉」に移行させていきます。
毎回おやつを与えていると、健康にも金銭的にも良くないですからねっ!
犬のしつけには直接かかわってきませんが、褒める言葉を覚えることで、健康的・金銭的な意味でも良い効果が出ます。

 

犬とコミュニケーションをとることで、愛犬があなたの「愛情」に応えたいと思い、指示に従うしつけの方法があります。
[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法
です。
おやつのためにいう事を聞く、なんてもうありません。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
 
次ページでは、「犬のしつけをする時に適した環境」についてご説明します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。