犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

子犬の成長過程

2015.01.30

子犬の成長過程 はコメントを受け付けていません。

子犬の成長の流れ

まず、子犬の成長過程を簡単に箇条書きにしてみます。

  1. 出生前期(母親の胎内にいる時期)
  2. 新生子期(出生~2週齢)
  3. 移行期(生後13日~20日)
  4. 社会化期(4週齢~13週齢頃)
  5. 若齢期(13週齢~6か月)
  6. 成年期(6か月~7歳)
  7. シニア期(7歳~)

有名というか、よくよく注目されているのは「社会化期」
この時期にいろいろなことを見て触れて聞いて感じ、知識としてため込んでいきます。
また、「社会化」の名前の通り、人や犬、猫や物など、あらゆるものに「慣れる」時期でもあります。
人見知りになるのか、社会的な子になるのか、大きな性格の骨組みは「社会化期」に決まってきます。

最近注目されるようになったのは「シニア期」
「しつけ」をするために重要な時期、というわけではないのですが、
犬も長寿化してきて、以前に比べると平均寿命が大幅に伸びています。
そのため、人と同じように「寝たきり」「認知障害」のような症状が起こる愛犬もいます。
そんな時になるたけ飼い主さんに負担のかからないように・・・ということで、
ご飯や介護グッズがたくさん発売され、犬飼いさんの間でも独自に開発されています。
この「しつけ」サイトとは異なるカテゴリーなので割愛しますが、
おいおいになりますが別サイトを立ち上げて、ご紹介できればなと思います。

順番に、出生前期から詳しくご説明します。

 

出生前期(母親の胎内にいる時期)

人にも胎教という言葉が浸透してきたように、
犬も母親の胎内にいる時期も、成長に影響している、という実験結果が導き出されています。

1945年 アメリカ・メイン州にあるロスコー・B・ジャクソン記念研究所にて、
犬の遺伝と社会行動に関する研究が行われました。
この研究により、子犬の胎内における初期の発達段階で、周囲の環境に影響されやすい、
感化されやすい特別な時期がある。
この時期に受けた心理的なダメージが、永続する。
という結論が導き出されました。

平たく言ってしまえば、母犬のおなかの中にいる間に、
母犬が強いストレスやショックを受けた場合、
子犬もその影響を受けてしまう。というわけです。

 

発達段階の時期はどこ?

ロスコー・B・ジャクソン研究所では、発達段階を

  • 新生子期
  • 移行期
  • 社会化期
  • 若齢期

の4つに分類しています。
しかし、出生前期も上記の研究結果のように影響がある、と考えられているため、
このサイトでは軽く触れておきました。
とはいえ、ブリーダーさんであったり、愛犬が母犬になった、というケースでなかったら、
あまり関わりのない時期ですね。

成年期・シニア期は成長過程として触れただけなので、
詳細は割愛します。

 

 

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」
 
次回は新生子期からご説明します。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。