犬のしつけは難しい。そう思いながら犬にしつけをしても上手くいきません。愛犬が進んで覚えたくなる犬のしつけを紹介します。愛犬と楽しみながら共に成長しませんか?

オペラント条件付け:4つの学習パターン

2015.02.11

オペラント条件付け:4つの学習パターン はコメントを受け付けていません。

4つの学習パターンの前に

早速学習パターンをご紹介!と行きたいのですが、
少々難しい語句が出てきますので、先にご説明します。

  • 強化刺激(好子・強化子とも言います)
    ご褒美のことを指します。「褒められた」「お小遣いをもらった」「反響があった」などなど。
  • 嫌悪刺激(嫌子・罰子とも言います)
    罰や、行動を消極的にした素因のことを指します。「叱られた」「料理が美味しくなかった」「性格が悪かった」などなど。
  • 強化
    行動に対して積極的になることです。
    ギャグが受けて、繰り返し使うようになった。料理がおいしかったので、料理店に通いづめている。などなど。
  • 弱化
    行動に対して消極的になることです。
    ギャグが不評で、使わなくなった。料理がおいしくなかったので、その料理店は使わなくなった。などなど。

それでは本題にいきましょう。

 

オペラント条件付けの4つの学習パターンとは

まず、4つの呼び名を先に挙げてしまいます。

  • 正の強化
  • 負の強化
  • 正の弱化
  • 負の弱化

これじゃ何のことやらわかりませんね。
順にご説明します。

〈正の強化〉

強化刺激(ご褒美など)を与えられることにより、行動が強化される事を指します。
例を挙げると、

母親のお手伝いをした ⇒ お小遣いをもらった ⇒ お手伝いを率先して行うようになった

この場合は「お小遣い」が強化刺激(ご褒美)で、この強化刺激を与えられたことによって「お手伝い」という行動が強化されています。
犬に当てはめると、

犬が前足を飼い主さんの手に載せた ⇒ おやつをあげる、褒める ⇒ 自然と犬が飼い主さんの手に前足を乗せるようになった ⇒ 繰り返し強化する ⇒ お手ができるようになった

犬が吠えていたが、吠えるのをやめた。静かになった ⇒ おやつをあげる、褒める ⇒ 次第に吠えなくなる

といった感じです。

 

〈負の強化〉

嫌悪刺激(罰や行動を消極的にする素因)を取り除くことにより、行動が強化されることを指します。
例を挙げると、

おやつを盗み食いした ⇒ いつもなら叱られるのに、叱られなかった ⇒ 繰り返し盗み食いするようになる

この場合は「叱られる」ことが嫌悪刺激で、この嫌悪刺激が取り除かれたことによって「おやつを盗み食いする」という行動が強化されています。
犬に当てはめると、

犬がテーブルに載った ⇒ いつもは叱っていたが、叱らなかった ⇒ 繰り返しテーブルに載るようになる

といった感じです。

 

〈正の弱化〉

嫌悪刺激(罰や行動を消極的にする素因)を与えることにより、行動が弱化されることを指します。
例を挙げると、

おやつを盗み食いした ⇒ 母親に叱られた ⇒ 盗み食いをしなくなる

この場合は、先ほどと同様「叱られる」ことが嫌悪刺激です。
この嫌悪刺激が与えられたことにより、「おやつを盗み食いする」という行動が弱化されています。
犬に当てはめると、

犬がテーブルに載った ⇒ 乗った瞬間大きな音が鳴った、驚いた ⇒ テーブルに載らなくなった

といった感じです。

 

〈負の弱化〉

強化刺激(ご褒美など)を取り除くことにより、行動が弱化されることを指します。
例を挙げると、

買い物中に欲しいものがあって母親にねだった、ごねた ⇒ 全く希望を聞いてもらえなかった ⇒ ごねるのをやめた

この場合は、「希望を聞いてもらう」ことが強化刺激になります。
強化刺激が与えられなかったことにより、子供はごねるのをやめました。
もし、希望を聞いてもらっていたら、「ごねる」行動は強化されていたでしょう。
犬に当てはめると、

犬が要求吠えしている(ご飯が欲しく吠えている等) ⇒ 要求をのまなかった ⇒ 要求吠えをしなくなった

といった感じです。

 

4つのパターン、お分かりいただけたでしょうか。

犬のしつけにおいては、「正の強化」と「負の弱化」を駆使していくことをおすすめします。
「正の弱化」は「罰」などを与えるわけですが、
罰の使い方を間違えると、飼い主さんと犬の関係が悪くなるほか、
手を見ると噛むようになったり、人自体を怖がるようになったりと、よくない行動が強化されてしまうリスクもあります。
もしどうしても正の弱化を使う場合は、「天災」を装う方法で使用することが望ましいです。
(「人に対する問題行動以外の叱り方」で天災を装う方法を説明しています)

 

 

[森田誠]愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法では、あなたの愛情に犬が従いたくなる方法をご紹介します。
このサイトからご購入いただくと、おまけがついてきます。
プレゼントは全36種類のマニュアルやテキストです。(特典の詳細はこちらからどうぞ

リンクもしくはバナーをクリックすると、購入手続きをとることができます。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」

次回は、アイコンタクトをとれるとどんないいことがあるのかをご説明します。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。